横浜銀行カードローン審査のコツは?

お悩み画像

人気ポイント画像

横浜銀行カードローン審査の詳細

横浜銀行カードローン驚異の金利と融資額!審査は厳しい?!

画像01

横浜銀行って、どんな銀行?

横浜銀行という名前は、神奈川県在住の方以外は馴染みがないかもしれません。

 

関東地方の人間は「横浜にある地方銀行なんだな」という察しはつくと思いますが、テレビCMを流しているわけでもないので、知名度は低いかもしれません。

 

しかし、侮ることなかれ!

 

横浜銀行は、総額資産日本一を誇る日本最大の地方銀行なのです。

 

みなとみらい地区にある本店ビルは、地上150メートルの高層建築で国内銀行の最大級の高さを誇っています。

 

その歴史も古く、前身となる「横浜興信銀行」が設立されたのが1920年(大正12年)、現在の横浜銀行という名称は1957年(昭和32年)に改名されてから現在まで継続しています。

 

蛇足ですが、カードローンサイトのトップページには人気男優の小出恵介さんがイメージキャラクターとして起用されているので、三大メガバンク並の実力がある銀行だと言えるかも??(^O^)

 

 

横浜銀行カードローンとは?

利用限度額1、000万円、金利1.9%〜14.6%と驚異の数字です!

 

1.9%(借入限度額1,000万円に適用)という金利は、100万円を30日間借りた場合の利息が、たったの1、561円ということなのです。

 

因みに、横浜銀行カードローンのトップページに金利の比較が掲載されているので紹介してみますと、100万円を30日間借りた場合、金利8,8%(借入限度額200万円超〜300万円以下に適用)の場合は7,232円(金利1,9%との差額が5,671円)になります。

 

更に、初回利用に多い100万円以下の利用限度額では、金利は最高額の14、6%になり利息は12,000円(1,9%との差額が10、439円)にもなってしまいます。

 

とは言っても、最高年利が14.6%という数値は三菱東京UFJ銀行と同額、みずほ銀行や三井住友銀行より0,1%高い程度なので、銀行カードローンとしては相場と言えます。

 

 

まだまだ他にもある!すごいスペック!!

まず、重要なポイントは借入限度額300万円までは収入証明書が不要なことです。

 

収入証明書の提出が必要な金額は、三菱東京UFJ銀行バンクイックが100万円、みずほ銀行カードローンが200万円と規定されており、横浜銀行カードローンの300万円という金額は現行で最高額です。

 

又、来店不要で申込みから審査、契約ができ、最短で即日融資にも対応できます。

 

Webからの申込みは24時間受付ています。

 

借入れ限度額は10万円から1,000万円まで幅が広いため、給料日前のちょっとした物入りから家電購入や引っ越し、旅行やおまとめローンまで広範囲に利用でき、月々の返済も2,000円からと大変利用しやすくなっています。

 

 

横浜銀行カードローン意外な落とし穴?

まず、横浜銀行は地方銀行であることを忘れてはいけません。

 

横浜と言えば神奈川県ですね。

 

つまり、横浜銀行は神奈川県を中心とした地域住民に密着した銀行なのす。

 

従って、横浜銀行カードローンは、神奈川県と東京全域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市に在住もしくは勤務先が所在している人しか利用することはでいません。

 

ですから、埼玉県民や千葉県民などは神奈川県に勤務先がない限りは審査に申し込むことはできないのです。

 

次に、「横浜銀行に口座が無くても申込みはOK」と謳っていますが、カードローン利用時には同行の口座が必要になります。

 

即日融資を希望する人は、同行の返済用普通預金口座への振り込み融資になりますので、カードローンを申し込む前に横浜銀行に預金口座を開設しておかなければなりません。

 

又、口座を持っていない人は、仮審査後から契約までの間に口座を開設する必要があります。

 

 

横浜銀行カードローンに申し込める人とは?

前項目でも申し上げたように、神奈川県、東京都、群馬県の一部に在住か勤務先がある人で、申込時の年齢が満20歳以上〜満69歳未満、安定した収入がある人およびその配偶者が対象です。

 

ですから、パートやアルバイトでもOKです。

 

一方で、学生は不可となっています。

 

又、年金も収入と判断してくれるので、年金受給者でも申し込めます。

 

更に、銀行カードローンなので総量規制の対象外であり、安定した収入がある配偶者でもOKという規定があるため、収入が無い専業主婦の人でも申し込むことができます。

 

最近では、銀行カードローンでも無職や専業主婦はNGというものが多いため、横浜銀行のような専業主婦を認めているカードローンは貴重ですね。

 

 

保証人、担保は不要

横浜銀行カードローンは、多くのカードローンがそうであるように保証会社が保証を担当してくれるので保証人や担保が不要です。

 

保証業務は、プロミスでお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当しますので、同社の審査を受け合格しなければ横浜銀行カードローンから借り入れることはできません。

 

このサイトでは、横浜銀行カードローンを分析し、メリットやどうすればカードローン審査に通り易くなるかを考えていきたいと思います。


横浜銀行カードローンのおすすめポイントは?

おすすめポイント画像

矢印画像

申し込み画像

横浜銀行カードローン審査【Q&A】関連ページ

横浜銀行カードローン審査!【結果の通知から契約までの手順は?】
横浜銀行カードローン審査初回の申込みは仮審査です。合格してから、再度、正式な申込み書類を提出して本審査に臨みます。この段階で落とされることもあるので油断できません!本審査に合格したら契約!でも、その前にやるべき肝心なことが?!
横浜銀行カードローン借り入れ!返済方法は?【申し込み手順】
横浜銀行カードローン借入れや返済の方法は?横浜銀行ATMや全国の提携ATMから行えるので利便性は上々!インターネットからのネットバンキングも利用できるので、在宅でも利用できます。しかし、提携ATMを利用するには意外な注意点が?!
横浜銀行カードローン審査は口座なしで申し込める?【借入れ方法】
横浜銀行カードローン銀行口座が無くても申し込むことはできますが、仮審査が終了して契約の段階では普通預金口座が必要になります。口座の開設にには2つの方法がありますが、神奈川県に縁が無い人は多難?!
横浜銀行カードローン審査甘いという評判は本当?【基準チェック】
横浜銀行カードローン審査はプロミスが担当している!と言うことは、審査基準はプロミスと同じ?それでプロミスより金利が安いのなら、こっちの方がお得じゃん!さて、実際はどうなのか、その真相とは?!
横浜銀行カードローンのメリット・デメリットは?【お得な点は?】
横浜銀行カードローンのメリット、デメリットとは?三大メガバンクを圧倒するほどの金利と融資限度額を誇る横浜銀行カードローン!専業主婦でも融資可能、スピード審査、即日融資にも対応している横浜銀行カードローンにもデメリットがある?!
横浜銀行カードローン審査で職場に在籍確認はある?【本人確認】
横浜銀行カードローン在籍審査は避けられない?仮審査が終了すると本審査で必ず在籍確認の電話があります。銀行カードローンの場合は銀行を名乗って電話してくることが多いので事前の根回しで対応しましょう!その対応策とは?!
横浜銀行カードローン審査厳しい?甘い?【口コミはどう?!】
横浜銀行カードローン審査は厳しい?甘い?銀行カードローンの審査通過率は消費者金融の1/2です。通過率だけ見ると消費者金融の方が甘いですが、条件によっては銀行カードローンの方が緩い場合もあるようです。その条件とは一体?!
横浜銀行カードローン限度額の増額の方法はどうすればいい?
横浜銀行カードローンの増額する方法とは?横浜銀行カードローンは300万円超400万円以下の借入限度額から低金利の威力が発揮されます。しかし、いきなり限度額300万円と申し込んでも審査落ちするのは明白!どうすれば低金利が勝ち取れるか?!
横浜銀行カードローン初回申し込みの借入限度額と金利は?
横浜銀行カードローン金利の低さには定評がありますが、最初から最大級の低金利は利用できません。では、初回はいくらまで借りられる?利用限度額と金利は借り手の信用の証!少しでも多くの信用を勝ち取るには?!
横浜銀行カードローン限度額!金利との関係は?【金利比較!】
横浜銀行カードローン業界トップクラスの低金利を誇るカードローンは限度額によって適用金利が変ります。借入限度額は10万円〜1,000万円まで、金利は1.9%〜14.6%と幅広いですが、そこには意外な発見が?!
横浜銀行カードローン金利を他行と比較すると?【限度額は?】
横浜銀行カードローンの金利は?利用者が多い100万円以下とバンクイックの限度額500万円以下を比較!以外にも三大メガバンクを相手に大健闘?!気になる結果はいかに?
横浜銀行カードローン総量規制は関係ない?【審査への影響は?】
横浜銀行カードローン総量規制は関係なし!審査に通れば、年収に関わらず1000万円まで借り入れが可能!300万円までは収入証明も不要なので、大口融資や借り換え、おまとめローンに最適!
横浜銀行カードローン専業主婦でも借りられる?【在籍確認は?】
横浜銀行カードローンは専業主婦でも借りられる?規約では配偶者に安定した収入があればOKなので専業主婦でも申し込めるはず!配偶者の同意書や在籍確認がないので、旦那に内緒で借りられるって本当?!
横浜銀行カードローン審査の申し込み方法は?【スマホもOK?】
横浜銀行カードローン審査の申込み方法はインターネット、電話の他、店頭やATMに常備されている申込用紙をFAX送信や郵送も可能です。地方銀行のカードローンですが、審査する保証会社は有名なアノ会社です!
横浜銀行カードローン審査に通る条件とは?【基準通るコツ!】
横浜銀行カードローン審査に申し込める人は限られている?誰もが申し込めるわけではありません。しかし、一定の条件さえクリアすれば、収入が無い専業主婦でも申し込むことができます。果たして、その条件とは?!
横浜銀行カードローンは高額融資がお得?金利比較!【本当にお得?】
横浜銀行カードローンの実力とは?!500万円を超える融資額から真価を発揮しはじめ、カードローン業界最高額の1000万円では、三大メガバンクをぶっちぎるスペックを持っています。その圧倒的実力さとは?!
横浜銀行カードローンは即日審査できる?【最短の結果は?】
横浜銀行カードローン即日審査や当日借入れは可能ですが、いずれも「最短」という但し書きが尽きます。この「最短」の恩恵を受けるためには、事前準備や当日の行動が関係してきます。どうすれば、当日融資が受けられる?!
横浜銀行カードローン在籍確認は会社にバレない?【本人確認!】
横浜銀行カードローン在籍確認で銀行名を名乗るのは常識!勤務先にバレたくないので別名や偽名で電話をかけてもらうことも法律で禁止されています。在籍確認が不安な人は、こんな方法で切り抜けよう!
地方銀行最大の横浜銀行カードローン審査は厳しい?【基準は?】
横浜銀行カードローン地方銀行最大規模のカードローンだから審査はチョー厳しそう!審査基準も最大級?そんな言葉に惑わされてはいけません。金利や保証会社を分析すると審査のレベルが見えてきた!○○銀行が通れば余裕でOK?!