横浜銀行カードローンメリットやデメリットとは?

画像11

ここまで横浜銀行カードローンについて解説してきましたが、最後にメリットやデメリットについて整理しておきましょう。

 

横浜銀行カードローンはココがgood!!

まず、銀行カードローンなので、総量規制の影響は受けません。

 

そのため、配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも申し込む事ができます。

 

次にインターネットからの申込みで24時間受付可能!来店も不要な点です。

 

審査もスピーディーで、最短即日融資も可能です。

 

又、融資限度額は1000万円と高額ですが、借入限度額300万円までの申込みの際には収入証明書が不要な点も上げられます。

 

そして何より、金利の低さ!

 

横浜銀行カードローンの年利は、1.9%〜14,6%なので高額融資に力を発揮します。

 

事業資金以外の用途は禁止されていますが、それ以外の使い途なら自由なので、借換えやおまとめローンに使うと最大の威力が発揮されます。

 

 

ここが残念!横浜銀行カードローン

横浜銀行は地方銀行なので、ここを指摘するのはお門違いなのですが、申込み資格がある人が限定されている事が一番残念な点です。

 

神奈川県、東京都、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住もしくは勤務している人以外は申込みができません。

 

次に提携ATMが有料な事です。

 

更に横浜銀行ATMでさえ時間外には手数料がかかるのが、非常に残念な点だと言えます。

 

又、提携銀行や信用金庫のATMからは、借入れができるのみで返済ができないのも変則的でわかりにくいですね。

 

地域的なことは仕方ないにしても、提携ATMの問題点は改善していただきたい点です。


横浜銀行カードローンのおすすめポイントは?

おすすめポイント画像

矢印画像

申し込み画像

横浜銀行カードローンのメリット・デメリットは?【お得な点は?】記事一覧

横浜銀行カードローンの借入れや返済方法カードローンの審査を通過して契約が完了したら、いよいよ借入れです。横浜銀行カードローンの借入れや返済については、横浜銀行カードローンのカードを使って横浜銀行ATMにて行なうことができます。又、セブン銀行やローソンATMやコンビニATMのイーネットからも可能です。全国の銀行ATMや信用金庫のATMでは、借入れのみ可能です。返済はできません。尚、提携ATMを利用す...

利用限度額と金利についてカードローンの金利は、利用限度額によって変ります。利用限度額とは、「この範囲の中ならお金を貸しても良いよ」というカードローン会社と利用者の間で交わされる約束です。この利用限度額は、陸上や共栄のコースと考えれば判りやすいと思います。横浜銀行カードローンでは、100万円以下コースの金利を14.6%、100万円超200万円コースが11.8%から始まり、上限の1000万円では1.9...

総量規制って?総量規制とは、バブル崩壊期にお金に困った人が、比較的安易に借入れができる「サラ金」から多額の借入れをして借金地獄に落ちる事例が多く発生したために制定された規制です。その内容は、年収の1/3を超える借入れを禁止するもので、1社からの借入れだけでなく複数の金融業者から借り入れている場合も合計額で適用されるというものです。つまり、年収300万円の人が既に他社から50万円の借り入れていたら、...

横浜銀行カードローンは、同行に口座が無くても申し込むことができます。しかし、借入れや返済は横浜銀行の口座を経由して行なわれるため、同行に普通預金口座を持っていないとカードローンが利用できません。いつまでに口座を開設すればいいのか?横浜銀行カードローンの申込み〜借入れまでの手順は以下の通りです。申込み仮審査結果の連絡契約手続きカード発行、利用開始申込み〜仮審査の結果連絡までは、口座を有無は関係ありま...

借入限度額と金利の関係横浜銀行に限ったことではありませんが、借入限度額は申請者の一存では決められません。申請額通りの承認が下りることもありますが、審査結果によって減額されることが多いです。借入限度額が高額で承認されるほど銀行は申請者の「信用」を高く評価したことになり、高い限度額が認められた人は金利面でも優遇されるわけです。では、横浜銀行の借入限度額と金利の関係はどうなっているのでしょうか?借入限度...

借入れ限度額と金利の関係とは?カードローンの利息は、一年間での金利(これを年利と言います)で計算されます。通常、実質年利は「○○%(最低利率)〜××%(最高利率)まで」大きく幅があります。多くのカードローンでは10%程度の金利幅がありますが、借入限度額と適用金利は反比例しますので、誰もが最低金利で借り入れられるわけではありません。利用者が多い100万円以下の借入れでは、最高利率が適用されることが多...

500万円以上の金利比較は?前項目では、三菱東京UFJ銀行バンクイックの利用限度額が500万円止まりだったので、メガバンクとの比較分析が中途半端になってしまいました。今度は、三井住友銀行カードローンの限度額である800万円の金利を比較してみましょう。まず、三井住友銀行カードローンは4.0%の金利になっています。みずほ銀行カードローンも同様に4.0%の金利です。それに対して、横浜銀行カードローンは3...

在籍確認の内容とは?カードローン審査が進むと、申請者が本当に申告した勤務先に勤めているかどうかを確認する行程に入ります。電話をかけてくる保証会社は、個人名を名乗るだけなのでカードローンの在籍確認とはバレないと言っていますが、それでも不安で嫌な気持ちになりますよね。なぜ在籍確認が必要なのか?カードローン会社は、確実にお金を返してくれる人にしか融資はしません。お金を返すということは、返すためのお金を調...

横浜銀行の最大の魅力とは?!カードローンで横浜銀行を選ぶ人の多くは「金利」ではないしょうか?年利1.9%〜14.6%という数値は驚異的です。しかし、実際に借りた人の多くは「普通の銀行カードローンだった」とか「特に金利が安いということはなかった」という意見が多いようです。なぜなら、初回の借入限度額に関しては100万円以下の限度額で契約している人が多いことが原因です。100万円以下の借入れ限度額では、...