横浜銀行カードローン限度額と金利の関係は?

画像16

借入限度額と金利の関係

横浜銀行に限ったことではありませんが、借入限度額は申請者の一存では決められません。

 

申請額通りの承認が下りることもありますが、審査結果によって減額されることが多いです。

 

借入限度額が高額で承認されるほど銀行は申請者の「信用」を高く評価したことになり、高い限度額が認められた人は金利面でも優遇されるわけです。

 

では、横浜銀行の借入限度額と金利の関係はどうなっているのでしょうか?

 

 

借入限度額(金利)の関係
  • 100万円以下(年14.6%)
  • 100万円超200万円以下(年11.8%)
  • 200万円超300万円以下(年8.8%)
  • 300万円超400万円以下(年6.8%)
  • 400万円超500万円以下(年4.8%)
  • 500万円超600万円以下(年4.5%)
  • 600万円超700万円以下(年4.0%)
  • 700万円超800万円以下(年3.5%)
  • 800万円超900万円以下(年2.5%)
  • 1,000万円(年1.9%)

 

100万円以下のコースは実質年利が14.6%となっており、銀行カードローンの平均的なレベルと言えます。

 

全体的に観ると、300万円〜700万円の間が4%台で金利が集中していますね。

 

実質年利4%台という数値は、通常の都市銀行のカードローンの最低金利と同じです。

 

これは、他行の金利を意識して足並みをそろえたという意図でもあるのでしょうか?

 

このあたりの金利を他行のカードローンと比較してみると、横浜銀行カードローンのメリットが見えてくるかもしれません。

 

次の項目で比較検討してみたいと思います。


横浜銀行カードローンのおすすめポイントは?

おすすめポイント画像

矢印画像

申し込み画像