横浜銀行カードローン限度額の増額の方法は?

画像20

横浜銀行の最大の魅力とは?!

カードローンで横浜銀行を選ぶ人の多くは「金利」ではないしょうか?

 

年利1.9%〜14.6%という数値は驚異的です。

 

しかし、実際に借りた人の多くは「普通の銀行カードローンだった」とか「特に金利が安いということはなかった」という意見が多いようです。

 

なぜなら、初回の借入限度額に関しては100万円以下の限度額で契約している人が多いことが原因です。

 

100万円以下の借入れ限度額では、適用される金利は最大額の14.6%だからです。

 

この金利は、三菱東京UFJ銀行バンクイックと同額、三井住友銀行カードローンよりも0.1%高い数値になっています。

 

 

借入れ、返済の実績を作る

横浜銀行カードローンの最大の魅力である最低金利1.9%を利用できる人は、借入限度額1.000万円を認められた人だけです。

 

1.000万円という額は住宅ローンなら安い方ですが、カードローンですと逆毛が立つほどの大きな金額です。

 

とても庶民が借りられる金額ではありません。

 

ましてや、申込みフォームに「借入れ希望額で1.000万円」と書き込んだら間違いなく審査落ちすることでしょう。

 

しかし、限度額1000万円の低金利は捨てがたいですね。

 

金利を低くしたければ借入限度額上げれば良いのですが、具体的な方法は借入れと返済を繰り返して「優良利用者」としての実績を作っていき、利用限度額の増額を申請することです。

 

そのためには、毎月の返済が遅れてはいけません。

 

又、返済遅れを気にするあまり、全く利用しないのもいけません。

 

理想的な方法は、限度額一杯まで借り入れて全て遅れなく返済し続けることです。

 

そうすれば「現在の限度額では足りないので増額して欲しい」という申請にも説得力が出ますね。

 

横浜銀行カードローンの場合は、限度額300万円超400万円以下まで承認されれば、他行よりメリットが出てきます。


横浜銀行カードローンのおすすめポイントは?

おすすめポイント画像

矢印画像

申し込み画像