横浜銀行カードローン審査が甘いという評判は本当?

画像04

消費者金融の方が銀行カードローンより厳しい?

確かに利用条件を比較すると、そういうことも有ると思います。

 

まず借入限度額ですが、消費者金融カードローンは年収の1/3を超える借入れはできませんが、銀行カードローンは年収に関係なく借入れる事ができます。

 

次に、収入証明書についてですが、消費者金融カードローンの場合は希望融資額が50万円を超える場合に必要になりますが、銀行カードローンは100万円〜300万円以上(銀行によって異なります)まで収入証明書は不要です。

 

因みに、三菱東京UFJ銀行バンクイックが100万円以下、みずほ銀行カードローンは200万円以下、三井住友銀行と横浜銀行カードローンは300万円以下の借入れまでは提出が不要です。

 

更に消費者金融系カードローンでは収入が無い専業主婦は借りられませんが、銀行カードローンでは配偶者に収入があれば借りる事ができます。

 

これらの条件を比べてみると、消費者金融カードローンの方が銀行カードローンよりも条件が厳しいと思われるかもしれません。

 

 

銀行カードローンの保証会社は消費者金融

銀行カードローン審査が甘いというウワサは、これが一番の原因かもしれません。

 

横浜銀行カードローンの保証会社はプロミスで有名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当しています。

 

そのことに注目した人が、「横浜銀行カードローンの審査はプロミスがやっているのだから、審査の厳しさはプロミスと同じ」と考えたのかもしれません。

 

実際には、横浜銀行カードローンの返済が滞ったら、プロミスが代わりに支払うわけなので、自社の審査よりは厳しくしているのが実態です。

 

つまり、プロミスの審査より横浜銀行カードローンの審査の方が厳しいということです。


横浜銀行カードローンのおすすめポイントは?

おすすめポイント画像

矢印画像

申し込み画像