地方銀行最大の横浜銀行カードローンやはり審査は厳しいの?

画像05

条件が良いカードローンは審査が厳しいのは定説

カードローンの審査を比較する際に「条件が良い金融業者のカードローンは審査が厳しい」という事がよく言われます。

 

「条件が良い」という要素の第一は金利ですね。

 

次に借入限度額などが考えられます。

 

カードローンには、銀行が提供しているカードローンとアコムやプロミスなどの消費者金融業者が提供しているカードローンがありますが、金利や限度額などを比較した場合に条件が良いのは銀行カードローンです。

 

ですから、一般的に銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査が厳しいと言われています。

 

横浜銀行は地方銀行の中で最大規模を誇る銀行なので、横浜銀行カードローンの審査はかなり厳しいことが予想されますが、実際はどうなのでしょうか?

 

 

地方銀行最大!という言葉に惑わされてはだめ!

銀行の規模を比較した場合、一番大きい銀行はメガバンクと呼ばれる都市銀行なのはご存じですね。

 

中でも、三大メガバンクである三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は有名です。

 

では、メガバンクと地方銀行トップのレベルを比較してみましょう。

 

2013年のデーターですが、三井住友フィナンシャルグループの総資産額が170兆7909億円だったのに対して、横浜銀行は15兆4700億円でした。

 

地方銀行最大規模と言っても総資産額はメガバンクの1/10以下なので、惑わされてはいけません。

 

 

結論は?

利用者が多い100万円以下の金利を比較すると、三井住友銀行カードローンは14.5%で横浜銀行カードローンは14.6%となっており大差はありません。

 

又、三井住友銀行カードローンと横浜銀行カードローンの保証会社は、両者ともにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当します。

 

これらの要因を考えると、横浜銀行カードローンは三井住友銀行カードローンの審査が通る人なら余裕で通過できると考えることができます。


横浜銀行カードローンのおすすめポイントは?

おすすめポイント画像

矢印画像

申し込み画像